株の話 ― ダウ急落 。

ダウ急落 。

ダウ急落 。どうなる?日本株&私の株

このところ好調な米国株を尻目に、日本株の方は、為替が1ドル108円あたりと円高が続き、それを嫌気してか伸び悩み傾向。
先週末(2月2日)の日経平均株価も、マイナス211円と大幅安であった。
(円高になると日本株は下がりやすい。参考:Newsweek👉円高で日本株が売られる理由

そんな中、「そろそろこの辺で円安にシフトするのではないか」ともくろんで、私は先週末にいくつかの銘柄を新たに購入した。

しか~し、あろうことか、
その日の夜、日本時間の深夜から明け方にかけ、ニューヨークダウがマイナス665ドルと大暴落した。

ダウ急落でショックを受けるSunの画なんてこった。
為替は110円台と円安に傾いて良い要因が増えたが、それを打ち消すほどダウが下落した。

ダウと日経平均株価は連動することが多い。
週明けの日本市場はいったいどうなるのか。
株価の行方が怖い …。((;゚Д゚ ))

もし大きく下がった場合、
損をしてでも売却(損切り)するか、
反対売買(空売り)をするか、
そうした手を打つ必要が出てくる。
おそらく明日(日付が変わったので正確には今日)は正念場となるだろう。

ここで、私がいま保有している銘柄を晒すと、
(現物)6240 ヤマシンフィルタ
(現物)5406 神戸製鋼所
(信用)3953 大村紙業
(信用)4063 信越化学
(信用)5727 東邦チタニウム
以上、5銘柄である。(数量は内緒。銘柄の前にある数字は証券コード

ちなみに、ブログ記事上で持っている銘柄を全て晒すのは今回が初めてである。
次回のブログ記事の内容が、最高に愉快なものになるのか、悲惨な結末を告げるものになるのか、
それは週明けの相場次第である。
(自虐ネタが多い私としては、株価がとんでもなく下がったとしても、最高に愉快なネタとして取り扱う可能性もあるが。)

とにもかくにも、
幸運と無事を祈るのみ、なのであった。