懸念払拭 か?!ダウ持ち直す。

フィナンシャル,

懸念払拭 か?!

懸念払拭 か?!
ダウ終値、プラス567ドル。

株の話題が続いているが、今日も株の話題。
2月2日に665ドル下げたダウ、翌営業日2月5日はさらに1175ドルまで下がる。
それにともなって日経平均株価は、マイナス1071円とおそろしい下げを見せた。

この二日間で、これまでのプラス分をほぼ失う。
このまま持ったまま様子をみるという手もあるのだが、ビビリの私は、手持ちの株を一旦売却した。
しかしその後、逆行高を見せている6088シグマクシス がどうも気になって仕方がない。

ということで、
まるで、禁断の果実に手をつけるかのごとく、私はシグマクシスを新たに購入。(ビビリから勝負師に転身!)
シグマクシスは、それから上がったり下がったり、と大いに見せ場をみせてくれたが、途中で失速。結局、8000円の含み損を抱えてしまった。(トホホ。)

(現物)6240 ヤマシンフィルタ ←売却
(信用)3953 大村紙業 ←売却
(信用)4063 信越化学 ←売却
(現物)3660 アイスタイル ←売却
(信用)6088 シグマクシス  ←購入

それにしても、
今回のダウの大幅下落、それに追随した日本株の大幅下落、
私的には、
「まんまと一杯食わされた」
そんなようにさえ思えてしまうのだが、株価は上昇して過熱し過ぎてくると、今度は売りたい人が殺到し、急激に下落に転じてしまうことがある。これを調整というのだが、今回の暴落もその「調整」であろうといわれている。

なんにしても、株価の変動に踊らされている一般投資家のひとりとしては、平常心を保って冷静に見ていくしかない。
何事においてもそうだが、平常心を保つということはとても大切なことだ。
しかし、相場においては危機感を持つことも大切だ。
そのバランスをとるのは難しい、
今回はつくづくそう思った。

さて、今日のダウの動きを見ると、激動はとりあえず落ち着いたようである。
ってか、2月7日(日本時間)午前5時の時点でプラス300円ドル越えているし…。

なんてこった…、
信越化学を売ったのは大失敗だ。(≧□≦)

ダウの終値は567ドルプラスの24,912ドルであった。
本日の日本市場、楽しみである。
Good luck!!

株の話題を立て続けでお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
今回、自分の持ち株を晒すのは勇気が要りましたが、なかなか面白く、売買の励みにもなったので、また晒すことがあるかもしれません。
ご訪問、記事をご覧いただき、感謝いたしております。
ありがとうございます。            Sun

=追記(2月9日)=
2月8日のNYダウ、またも1032ドル下落する。
これはまずいですね。

=さらに追記(2月10日)=
その後、預り金不足も発生するほどボロボロの状態である。
起死回生のレポートをお送り出来るようになるべく、地道にがんばります。

, 調整

Posted by Sun