株 用語

株 用語

ブログ内でとりあげたり、よく耳にすることがある 株 用語 を簡単にまとめています。
株 用語 のタイトル画像
IPO Initial Public Offeringの略語。日本語に直すと「新規公開株」「新規上場株式」。株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOという。

公募価格 証券取引所に新規に公開する株式を投資家が購入する際の価格。

初値 新規公開株が金融商品取引所(証券取引所)に新規上場して「最初についた値段」のこと

PTS Proprietary Trading Systemの略語。証券取引所が取り扱っている時間帯以外でも株式投資を行えるように、証券会社内で株の売買を行えるシステム。PTSの行われる時間帯は証券会社により違う。

前場(ぜんば)と後場(ごば) 株式市場が開いている営業時間のこと。東京証券取引所の場合、お昼休みを挟んで午前と午後に分かれており、午前の部を前場、午後の部を後場と言う。前場 9:00 ~ 11:30 後場 12:30 ~ 15:00

寄り付き 前場と後場の最初についた取引(またはその値段)。

引け 前場と後場の最終の取引(またはその値段)。

前引け(ぜんびけ) 前場の引け(前場の最終の取引またはその値段)を前引けという。

大引け(おおびけ)後場の引け(後場の最終の取引またはその値段)を大引けという。


日経225オプション初心者でも楽々勝つ方法

≪常勝株ジャーナル≫ 個人投資家向けの無料コンテンツが充実!

ブログ, , 用語

Posted by sun