株の話―ダウ急落の翌営業日 結果 は如何に。

2018-02-07

2月5日の 結果

ダウ急落の翌営業日の 結果 をレポート。

ご多分に漏れず、日本株は大きく下落。
日経平均株価はマイナス592円。
年初来からの日経平均株価のプラス分が全て帳消しとなる下げ幅であった。

さて、前記事で保有中の銘柄👇を全て晒したが、
(現物)6240 ヤマシンフィルタ
(現物)5406 神戸製鋼所  ←売却
(信用)3953 大村紙業
(信用)4063 信越化学
(信用)5727 東邦チタニウム ←売却
(現物)3660 アイスタイル ←購入

このうち、神戸製鋼所と東邦チタニウムはすぐに売却(損切り)し、逆行高をみせていた 3660 アイスタイル を購入。神戸製鋼所と東邦チタニウムのマイナス分はアイスタイルで挽回した。
大村紙業と信越化学は損切りをするかどうかすごく悩んだが、結局売らずに持ち越した。
その結果、大村紙業はマイナス115円と下げ、信越化学にいたってはマイナス475円と大きく下げ、とても大きな痛手となった。

全体的には、まだ含み益がある。
だが、正直言うと、今回のマイナスは、
言葉にするのも恐ろしいほどの金額
である。

ひとくちに、言葉にするのも恐ろしいほどの金額といっても、
1万円、10万円、100万円、1000万円、…と、その金額は人によって様々であるが、とにかく言葉にするのも恐ろしいほどの金額のマイナスであった。

2月5日のNYダウは、週末に引き続いてまた大きく下げている。
今後のダウの動向がまだ見極められないのでなんとも言えないが、しばらくの間は相場が荒れることを見越して慎重に取引していく必要がありそうだ。

今日はとっても痛い目を見たので、明日以降は損切りのラインをきちんと決めておこう。

さぁかかってくるがよい。
すっかり鼻息が荒いSunなのであった。
カネゴンと対峙するウルトラマンの画像
しばらく間、相場が荒れることが予測されるため、随時レポートしていきたいと思う。

=追記=
2月6日午前5時すぎ(日本時間)、
NYダウ、一気にマイナス1000ドル以上下落、25000ドルを割る。(≧□≦)
持ち直して欲しい。

2018-02-07フィナンシャル, 含み益, 損切り, 株取引

Posted by Sun