思わぬ出来事(携帯電話編)

前回に引き続き、今回も身近で起こった思わぬ出来事を。

ramen-95
(Photo by photoAC)

それはラーメン屋で起こった。

注文したラーメンが運ばれてきた。
お箸を片手に「さぁ食べよう!」という瞬間に携帯電話の着信音。
電話に出ようとすかさずケータイを手に取った
瞬間、手がすべり、

なんと、
ケータイがラーメンのトッピングになってしまったではないか!!

水没ではすぐに水気をよくとって電源を入れると助かる場合が多い。
すぐにケータイをラーメンから救出し、汁気をとってみたものの、電源が全く入らない。

このケータイには膨大なデータが入っている、
データだけでもなんとかして拾い出したい。
すぐに携帯ショップに向かった。

携帯ショップ
店員 「お客様、水没ですね?」
私   「いや、それが…、
水没じゃなくてラーメン没です!」
店員 「は?」

「ラーメンを食べようとした時に電話がかかってきて、(かくかくしかじか)…」その時のもようをジェスチャーを交えながら説明する。

ケータイをラーメンに落としたという客は「初めて」らしい。
「お気の毒なことであり笑ってはいけないんでしょうが、ラーメンに…、ですか(笑笑笑)」と店員。
ウケを狙ってはいなかったが、やはりウケてしまった。

いちおう水没時と同じ処置(バッテリーを取り外してよく拭き上げてドライヤーで乾かす)をとってくれたが、電源は入らない。
店員「すぐに水から…いや、ラーメンから引き揚げたんですよね?水没ならこれで電源が入ることが多いんですが、駄目みたいですね。おそらくラーメンの塩気にやられたんでしょうね」

たしかにこれまでに水没させた時は、先の処置でなんとか電源が入っていた。
しかし今回の場合、一瞬で逝ってしまったようである。
恐るべし、ラーメンスープの威力!である。

それにしても、
いや~、世の中、いつどこで何が起こるか分からない。

ちなみに、この頃はガラケー(ガラパゴス携帯)持ちであったが、
現在所有するケータイは防水機能付きのiPhoneである。
ラーメンにも耐えうるかどうかは???だが。