link rel=”author” href=”https://plus.google.com/106072497073276087988/”

父 STORY

父 STORY ダイジェスト

父 STORY の要約です。👇
内容を見るにはこのダイジェストからのリンク、もしくは「父はじまり~サスペンス」、「サスペンス」へお進みください。
スニペットを編集

  • 父、お腹の大きなおばさんを連れてきて「こっちが新しいお母さん、(母を指さして)こっちが古いお母さん。みんなで仲良くやっていこう」とのたまう。「事件
  •  父母離婚。おばさんは夫と離婚して父と結婚、連れ子ひとり。父は「俺は300万円で売られた」とこぼす。「事件のその後
  • 父の子、生まれる。明らかに「父の子ではない」と思われ。「父の子うまれる。
  • ペンフレンド(幼なじみで婚約者)の彼と父に会いに行く。「婚約
  • 婚約破棄の後、傷心の私は父に会いに行く。「良い青年だったのにな。」と、この時父はとても残念がる。「少しだけ親子水入らず
  • おばさんと子どもたちが金目のものを全て持ち出し家を出て行った、と父から電話がある。その後、父は7年間行方知れずとなる。「父は何処に?
  • 子どもの頃から毎年家族でお参りをしていた神社に出向き、父が見つかりますように、とお祈りする。その一週間後、父の所在が分かる。「父見つかる。」 
  • 7年ぶりの父との電話で「命の恩人である女性と一緒に暮らしている」と彼女を紹介される。それから間もなくして、「色々事情があって、引っ越すことになった。また必ず連絡する。」と父から連絡があり、また行方知れずとなる。「プロローグ
  • 父から連絡がある。10年以上ぶりに父と再会する。「父との再会
  • 父、再再婚する。父宅を訪ね一泊する。家の中には大量のサプリメントの山。「父、再再婚
  • 突然の父宅訪問以降、父は度々私と孫に会いたがり、会う予定も組んできたが、会う前日、当日になって突然入院するということが2、3度あり、会えずじまいであった。そんな中、「梅味噌を送るから待っていて」と父からの知らせ。「梅味噌を送るから待っていて
  • 梅味噌は届かなかった。父宅に電話をするも、義母は「具合が悪いと言って寝ている」と言い、父に電話が取り継がれることはなかった。そして突然、父危篤の連絡が入る。「届かなかった梅味噌
  • すぐに父の元に向かったが、季節遅れの雪により想像以上に時間を要し、その間に父は亡くなる。病院に到着、霊安室で「死因が不明なので解剖しますか」と主治医に尋ねられる。「痛恨のミス」 
  • 父、死後30時間後に火葬される。「こちらの地域では先にお骨にしてお別れする風習ですので」と葬儀屋から説明がある。父宅に行くことは許されなかった。「父からのプレゼント」 
  • 酔った義母が色々話した。父が入院した日、父と一緒に住宅展示場に家を見に行き、その時に見た家を購入するということだった。四国に帰る際、義母から「後日書類を送るのでその書類に署名・押印して送り返すように」と言われた。「大事な話」 
  • 先にお骨にしてお別れをするという風習について調べるが、どんなに調べてもそんな風習はなかった。葬儀屋さんに問い合わせの電話をする。「葬儀屋さんが語った真実」 
  • 義母が「父に借金がある。」と言って相続放棄をすすめてくる。義母から借金の明細を書いたメモ書き他、「あなたたちは私を疑っているようだが、私はなにもしていない」というおかしな内容の手紙が届く。「サスペンスの展開」 
  • 父の親族、前妻、子らに父の死亡を伝える。前妻は義母を怯えており、3年前に義母から執拗な嫌がらせを受けて離婚したことを明かす。家にチンピラまで押しかけてきて大変であったという。「前妻が語った真実」 
  • 義母が提示してきた父の借金はサラ金であり、全てインターネット経由による契約であった。父はパソコンを持っていない、使えない。父が借りたものではない。ちょうどこの頃、私のパソコンに思わぬ人からメールが届く。それは…。「思わぬ助っ人」 
  • 病院への問い合わせ。父が入院したと義母から聞いていた日は全くのデタラメだった。父は手がつけられない状態で近くの診療所を受診し、救急車で病院に運ばれていた。病院側はその時に「ご家族に連絡するように」と義母に告げたという。「衝撃の事実」 
  • 財産調べ、相続放棄に必要な父の戸籍謄本を取り寄せる。しかし父の戸籍は転籍しており戸籍の在りかがなかなか掴めなかった。「父の戸籍謄本」 
  • 病院で医師、スタッフらから話を聞き、カルテを開示してもらう。ここでもまた新たな事実が次々と判明。そして、警察署に「父の死」について相談する。「父のカルテ
  • あらかじめアポをとってあった現地警察署に出向くはずだったが…。「警察署で。
  • 警察でのひともんちゃくの後、帰りの車中、「あんたたち姉妹のおかげで私はひどい目に遭った。ひどい目に遭っている。」と義母が騒ぐ。「警察でのひともんちゃくの後
  • 「その家はここから(葬儀場から)少し東に行って、橋を渡って道路を右側に入ったところ、袋小路になった所にある。」義母のこの言葉だけを頼りに、父名義の家を探す。直感的に誘われるかのようにして右折した道の先にあったのは真新しい新築の家であった。「不思議な出来事(前編)
  • 直感的に誘われるかのようにして右折した道の先にあった家、その家の表札は父の苗字と同じだった。すぐさま法務局に出向き、この家の登記情報を調べると…。「不思議な出来事(後編)
  • 見つかった家は義母名義、土地の登記は父の死の3カ月後、建物の登記は死後半年後の日付であった。家が見つかった時点で私は再度警察を訪ね、「父の死について調べてください。」ともう一度お願いする。まるで刑事ドラマ
  • 状況証拠で義母は明らかにクロ、だが警察は動けないという。それは、捜査機関である警察と検察の役割、権限の違いによるものであった。警察と検察」 👈今、ここ

 

Posted by sun