不思議な出来事(前編)

2018-01-30

現地調査で父名義で家のローンが組まれていることを知った私は、その家を必死で探した。

探すといっても、情報はたったひとつ。
父が亡くなった日の夜、義母が酒を呑んで酔って話した「その家はここから(葬儀場から)少し東に行って、橋を渡って道路を右側に入ったところ、袋小路になった所にある。」と言ったことだけだった。
私はその情報だけを頼りに、家を探した。

全く見ず知らずの土地。
橋を渡って道路を右側に…と言っても、橋は大小たくさんあった。
どの橋なのか分からない。
右側に入っていく道もごまんとある。

そんな中、私はある場所で「ここで曲がって」と直感的に感じ、道を右折した。
不思議だった。
まるで何かに誘われるかのように、「ここで曲がって!」と感じた。

先に行くと袋小路になっている所があった。
その近くで車を停め、あたりを見渡した。

小奇麗な新築の家が見えた。
私はその家の真ん前まで行ってみた。
表札に目をやった。

「〇〇〇」
父の苗字と同じである。

その家は何やら生気(せいき)らしきものが感じられなかった。
普通、人が住んでいたらそこには生気がこもっているものである。
だが、その家は、新築で小奇麗な建物であるにも関わらず、まるで死んでいるように見えた。

表札は父の苗字と同じだ。
だが偶然の一致かもしれない。

付近のだいたいの住所を確認し、私はすぐさま法務局に向かった。
この家の登記(現在の所有者はどこのだれであり、現在、どのくらいのお金を借りているかなど)を確認するためであった。(つづく)