朝帰り

記事名と違って、今日はちょっとオタクな話題。

昨夜は車をとばしてちょっとお出かけ。
ペルセウス座流星群を見にいく。そして朝帰り。
(これも大人の遊びのひとつだ。)

ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃見られる流星群。
前もってブログでお知らせしようと思っていたが、今年の極大日(最も多く流星が現れると予測される日)を一日勘違いしていた。
夜半になりそれに気付き、それから慌てて出掛けるというドジをしてしまった。

街の灯りが入ってこない場所まで行くと天の川もうっすら見える。
流星を見るときは地面に寝そべって見る。(空を見上げるというのは頸にかなり負担を強いるため、寝そべって見ることをオススメ)

一緒に行った娘が12時~4時くらいまでに見れた流星の数をカウントしていた。(エライ!よくやった!)
126個だった。

ちなみに私は流星を見ながら途中で眠りに落ちてしまっていた。
今回はカメラを持っていき撮影を試みてみたものの、残念ながら画像におさめることはできなかった。
次の機会にリベンジしよう。

数は減るものの、今夜も通常の夜よりは多く流星が見られるかもしれません。

写真は帰りに撮った何の変哲もない今朝の夜明け。

明け方の空の画像