おいたち番外編 其の一(おいたちより)

(これまでのおいたちはカテゴリ「おいたち」⇒こちら

小学生の頃は成績優秀、学級委員、生徒会の会長もしていた末の妹、その妹が両親の離婚後一変した。

ある日のこと、街ですごい不良少女を遠目でみかけたうちの母。
一緒にいた人と「まぁ、すごい格好ね。親の顔を見てみたいわ」と話していた。するとその少女が母達の方にだんだん近づいてきた。
すぐ近くまで来たその時、「おい、母ちゃん!」とその少女。
その時初めて、少女が自分の娘だと気付いた母。

「本当に穴があったらはいりたかった。それくらい恥ずかしかった…」と母。(たしかにそれは超恥ずかしい)
しかしそのくらい、驚くべき速さで妹は変化(へんげ)したのであった。

当時流行っていたドラマ「積木くずし」、まさしくあれ。

積み木崩し状態の末妹の画
当時の私
趣味は読書。
万年文化部。
超まじめ。👇

趣味は読書のまじめカタブツのSunの画

対する私、「超」がつくまじめ&カタブツ、オタク、そしてオクテ。

だから、勉強以外のことはすべて妹と真ん中の妹に教えてもらう。
たとえば、昔なつかしい学生カバン…

妹は↓
(とってもスタイリッシュ。)

ヤンキー御用達のスタイリッシュな学生カバンの画像
(画像Wikipedia引用)

私は
ぶ厚い学生カバンの画像

(辞書もちろん 弁当箱もそのまんま 横に入るぞ ブタカバン)

「ねぇ、ちょっとだけ、カバン薄くしたいんだけど、どのようにするん?」
と妹にやり方を教えてもらった。
…、と何から何までこんな感じだった。

ぶたそのまんまの今時のぶたかばんの画像
(画像 豊天商店 美豚シリーズより)

それにしても、今の時代、
「ぶたかばん」と検索にかけると、
画像検索結果には そのまんま、のブタカバンばかり出てきたので思わず笑ってしまった。

女四人、かしましい以上にかしましかった我が家。
そんな我が家では、その後も新たな話題がことをたたず…であった。
(つづきは次回)