「 恋の季節 」ロマンスの行方や如何に?

other

恋の季節

「 恋の季節 」、ロマンスの行方や如何に?

先日のこと、
家の近所の川べりを歩いているとサギに出会った。(詐欺でなく鳥のサギ。)
サギは愛嬌があり、時折おもしろい表情を見せることがある。
たとえば以前も、こんなサギに出会った。

川べりをお散歩しているアオサギ発見👇。画像上方に向かって歩行中。
近所の川べりをお散歩中のアオサギの写真静止画の為お伝え出来ないが、歩く姿が噴き出してしまうほど妙におもろい。
まるでギャグ、とにかくコミカルであった。
あまりのおもろさから、このサギをウォッチングすることにした。ひとつひとつの動きがおもろいサギの写真

突然立ち止まり、壁を「ジィ~ッ」と見つめ始める。(少しマヌケ面。)

海近のコンクリート壁面にはフナムシがいっぱい這って居る。
フナムシを見つめているのか?!エサとして喰らいつくのか?と思ったが、しばらく壁をただただ「ジィ~ッ」と壁を見つめていた。

が突如、
「ん?!」と、振り返ったサギ。
(ひとつひとつの動作がおもろい。)

サギは今度は対岸の方を「ジィ~ッ」っと見つめている。

その視線の延長線上、遠くに人の姿が確認できた。


それからしばらく、そのまま対岸を「ジィ~ッ」っと見つめているサギ👆。

その姿に、思わず笑いが込み上げた。だって、
哀愁が漂い過ぎ~www。
思わずアップの写真も撮影した。
思わず撮った哀愁漂うサギのアップ写真。

またある時は、こんなサギも。
レツゴー三匹ならぬ、サギが三匹でレツゴーサギの写真
レツゴー三匹
ならぬ、レッツゴーサギ。

元の画像はこちら👇(2013年2月1日撮影)
サギの群れの写真
(「ちょっと怖い」、「おもろい」etc、感想は様々と思われるが。)

ずいぶん前フリが長くなってしまったが、いよいよ本題に入ろう。
先日、家の近所の川べりで、あるサギに出会った。
出会ったのはこちらのサギ、Aさん👇。餌を探しながらお散歩中。
餌を探しながらお散歩中のサギAさんの写真。しばらくすると、Aさんから少し離れた川上に、もう一羽、サギが降り立った。
こちらがそのサギ、アオサギのBさん。
川上に降り立ったサギBさんの写真AさんはBさんに全く気付かず、餌を探しながら川上に向かって進んでいた。
Bさんはというと、Aさんの方をチラッと見たかと思ったら、少しずつ川下、Aさんの方に向かって歩き始めた。

んん?もしや、これは!
「ひと目会ったその日から、恋の花咲くこともある」by パンチDEデート!
(いちいち例えが古いが)
どうやらBさんは恋の気配アリアリ、ではないか?!(勝手な思い込み。)

これはロマンスに発展するかも。
私はiPhone片手にサギの恋の行方を密着取材することにした。(まるでパパラッチ。)
こうして、二羽の行く末を確認すべく、両者を観察する。

と、突然Aさんの歩みが止まった。
Bさんに気付いたのだ。Bさんの方をジッと見ている。
Bさんに気付き歩みを止めたAさんの写真。Aさんの方に向かって歩いていたBさんも、ここで同時に歩みを止めた。
二人の間の距離は約4~5メートル。

どちらも立ち止まり、動きがピタっと止まり固まったような状態。
その状態のまま、お互いにガン見し合っている。
しかも、視線がめちゃくちゃ熱い。

しばらく見つめ合ったまま(ガン見のまま)であった。
(その間、20~30秒くらいであっただろうか。)
そのまま時が過ぎた。

これはいよいよロマンスに発展か?
ドキドキしながら様子を注視する私。
(ひとつ間違えばマニア、変態、かもしれない。)

ところがここで、事件が起こった。
Bさんが一歩足を踏み出し、Aさんの方に近づいていこうとする素振りを見せた瞬間に、
Aさんはからだの向きをクルリと変え、思いっきり、勢いよく空に飛び立っていってしまった。
それは本当に一瞬の出来事であった。

お気の毒なBさん。
Bさんはその場に立ち尽くし、茫然としていた様子であった。
動きを失い、しばらくその場で立ち尽くしていた。

恋の季節、
ロマンスの行方、ラストは
人間社会でもままあるパターン、よくある失恋シーン、
とあいなったのであった。

(失恋したBさんに贈りたい応援ソング👇)

サギ, 失恋, 応援ソング,

Posted by Sun