強震モニタ② 強震モニタを見るには

防災

強震モニタをいくつかご紹介します。

強震観測網(K-NET、KiK-net) のトップページ右側”強震モニタへのリンク”から見る。(非常駐)  http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/ 強震観測網(K-NET,KiK-net) のトップページ

googlechromeの拡張機能『強震モニタ Extension』を利用する。(常駐)
(私が利用しているのはこれ。Android対応版もあり。)
ダウンロードは こちら

設定その他詳しく書いてあるページ こちら

前記事のにぎやかなピロピロ音の強震モニタは、地震波形を音で表している。残念ながらこちらは、長期メンテナンス中で現在は見られなくなっている。
https://www.ustream.tv/channel/nied4maps-test

 

スマホで見る。(App Storeで”強震モニタ” ”地震 モニタ”などで検索し、ダウンロード)
エレベーター内で地震に遭遇した際、不安にならず済んだ、という体験談があるように、外出先で威力を発揮する。
避難生活中の余震に対する不安にも役立つように思われる。

強震モニタはリアルタイムにデータを配信しているので、情報が届くのが早い。しかし、稀に誤検知も配信される。
データを気象庁で分析した後に発表される緊急地震速報では、そのようなことはほとんどない。
なので、双方の特性を生かして活用するのがベストといえる。

謝辞
記事作成にあたり、防災科学技術研究所様よりデータを引用させて頂けたことを感謝いたします。