心のまま 

other, つれづれ

心のまま

春、 心のまま 。

四月に入り、
「あれをしないと…」、「これをしないと…」、
「あれがしたい」、「これがしたい」、
「あれもしなければ…」、「これもしなければ…」、
と、毎日いろいろ感じつつ、思いつつ日が過ぎていき、

何やかにやと気ぜわしく過ごしていたわりに、
特にこれといって「何をした」「何かが出来た!」というわけでなく、
気が付くと暦(こよみ)はもう四月半ばである。

その間に、
桜の花も花咲いた。

ある夜、夜桜の写真を撮りに行った。
今年の夜桜は満月との競演であった。
初めて挑戦した「マルチストロボ撮影」。
写真では桜の木がほんわりと灯りで照らされているように見えるが、実際の現場は真っ暗闇である。
マルチストロボ撮影、どのようにして撮るのかというと、
長秒露光(15~20秒)でシャッターが開いている間に、ストロボを手に持って桜の木の下をうろうろ歩きながら、花や木枝に向かって自分が望む場所に手動で何発か発光し(光を当て)撮影する。

犬のうんちを踏むようなハプニング、シャッタースピードや絞り、光の当て方を失敗するといったアクシデントもありうる。

失敗作の一部👇(失敗作もそれなりに味があったりもする。)

こちらが一番の出来の一枚である。👇マルチストロボ撮影による夜桜の写真

そして、
ある春の雨の日。
冬の間にすっかり葉を落とし、春の準備をしていたイチョウの新芽👇春の準備をしていたイチョウの新芽の写真

同じ雨の日、ポケモンGOでピカチューをGet!
「でんき」タイプのピカチューは、雨の日に出現しやすい(と娘から教わる)。
ちなみにピカチューの必殺技は「かみなり」「ほうでん」である。(これは自分で調べた。)

そして、ある日中のお山の桜。
色とりどりに染まる春の山の写真

芽吹くイチョウの新芽。芽吹くイチョウの新芽の画像

…、とこんな具合で、ただただ日が過ぎていったのであった。

さて、今年の夜桜は満月との競演であったが、今月16日新月である。(時刻は10:57)
過去記事「新月 の お願い事」で書いたが、新月に願い事をすると良いという。
そして、その後訪れる満月の日に、それまでの自分を振り返り、できたこと、できなかったことを整理する。そうすると、今自分に必要なものと、自分には要らないものがはっきりと分かってくるそうだ。そういうわけで、満月では心を整理し、心を解放し、いらないものを手放すと良いそうである。

新月のお願い事は新月から8時間以内がベストと言われているが、あまり厳密に時間にこだわらず、ボイドタイムの4/16(月)14:59~17:50を避けた、新月から48時間以内ならいつでもOK、だそうだ。

「 心のまま 」/ 熊木杏里👇