パンツに対する想い

つれづれ

給料を貰って一番に何が欲しいかというと、「まず靴下や下着を買いたい!」と思うほど私は靴下や下着フェチだ。

学校の制服はつぎはぎだらけであったが、靴下やパンツも同様だった。
「穴が開いたので新しいのが欲しい」と母に言うと、「家庭科で縫い物を習ったのだから自分で繕いなさい」ということで、自分で穴を繕って履き続けた。

修学旅行の時、オニューのパンツを持たせてもらえなかった。
体育館で朝礼の際、靴下の穴、つぎはぎを隠すのに必死だった。
つぎはぎだらけのパンツや靴下がとても恥ずかしかった。

これらの経験からだろうか、
私は洋服はどうでもよいけど、靴下や下着、パンツにはこだわりがある。

パンツ画なんにしても、パンツにはドラマと人生がある。
「勝負パンツ」なんてまさにそうだ。
パンツには人間の人生とドラマが詰まっている!!
私はそう思うのである。

ドラマ, パンツ, ブログ, 人生

Posted by Sun