女子必見。美肌をめざそう!

お役立ち情報, 女子の話題

今、エステの施術やお肌のお手入れの仕方を学んでいます。
学んだとおりのお手入れをおうちでも実践してますがこれが凄い。
「たったこれだけでこんなに変わるのか」と日々実感です。

しかも、特別に高級なものを使うわけでなく、今持っているものを正しく使う、正しいやりかたで行う、というお手入れの仕方です。
たとえば、洗顔。

洗顔料はよく泡立てて…というのは知っていたけど、泡に弾力が出るくらいまでしっかり泡立てます。

洗顔料の泡立ては、洗顔クリームをチューブから1.5cmほど出し、水(おすすめは精製水、ミネラルウォーター、浄水器の水など)を少しずつ加えながら泡立てます。

写真のように、小さなスポンジを使ってボウルの中でかき混ぜると、早く泡立って手もあまり疲れません。

スポンジで泡づくり

百均で見つけたネット入りスポンジの写真

 

 

百均ショップで見つけたスポンジ👉
ネット入りなので使用後は干して保管できるので便利。

 

 

生クリームのようにツノが立った泡の画像

生クリームを泡立てていたらだんだん固くなってきてツノが立ちますが、あんな感じになるまで泡立てます。
この弾力性がある泡でお顔をやさしく洗顔します。

洗顔後はしっかりとすすぎ、そのあとすぐに化粧水で保湿します。
この時に目尻などシワがあるところは、指でシワをのばしながらシワの部分にもちゃんと化粧水をつけてやります。(乳液やクリームをつける時や、ファンデをつける時もシワの部分にもちゃんとつけることが大事。)

おうちで始めたのは、
毎晩お化粧をきちんと落とすこと、
それにこの洗顔、
洗顔後はすぐに化粧水で保湿、
それからしばらくして乳液をつける、

たったこれだけですが、それでもお肌が変わってきます。
色々な洗顔料を使って泡立ててみましたが、どんな洗顔料でも結構泡立ちます。

ちなみに、私はWAKARAという洗顔料を使っているのですが、泡立ちがすごく良くて超おすすめです。
泡立ちがいいのでチューブから出すのも1cm程で充分。(とってもお得)

WAKARA

練り石けん 和から
こだわりの伝統練製法で、洗浄成分と美肌成分の配合バランスにすぐれた洗顔フォーム。
石けん生まれの肌に優しい洗浄成分で、必要な油分・水分は残したまま、汚れだけを除去し洗顔後のケアの効果をアップさせます。
厳選された33類の和漢エキス+天然微粒子クレイがおりなす、もちもちの濃密泡で、毛穴の汚れ・くすみなどにしっかりアプローチ!

洗顔だけでなく、入浴時に湯船につかりながら石鹸を上記のようによく泡立て、その泡で体を洗っても気持ちいいですよ。