ペンフレンド (おいたちより)

2018-03-25

ペンフレンド

「 ペンフレンド 」
これまでのおいたちはカテゴリ「おいたち」⇒こちらにあり。

超がつくまじめ&カタブツ、オタクだった私。
年頃になり、ボーイフレンドと共に出掛けて行く妹たち。そんな妹たちを尻目に家にこもり趣味の裁縫に没頭する毎日。(今思うと、まるで「お年寄りの日常」みたいな生活である。)

ご近所のおばちゃん達は「そろそろお年頃になるのにおねえちゃんはボーイフレンドのひとりもいないの?」と心配してくれていた。(昔はこういったことも親身に心配してくれるフレンドリーなご近所さんが多かった。)

唯一、男の子と交流があったが、それは中学校の時から10年以上に渡り文通を続けていた文通友達(ペンフレンド)だった。
私にとってその人は、家族の次に付き合いが長い。

昔懐かしい赤の郵便ポストの画像

その男の子は小学校のときに転校してきた。同じ小中学校に通い、同じ部活動に所属し、同じクラスになったこともある。
しかし話をしたことはほとんどなかった。
彼は中学生のとき、また転校していった。

その後、彼から手紙が届いた。
引越し先での近況など書かれてあった。
私は自分の近況を伝える手紙を書き、返事を送った。

高校生になっても、大人になっても、文通はずっと続いた。
男女の間に友情は存在しないと言うが、彼と私は互いに「大切な友人」だった。
ソウルメイトと言っても過言ではないだろう。
互いにたくさんの事柄を積み重ねながら、成長し大人になった。
そしていろんなことがあった。
これまでにその人と私の間において、色々な運命が何度も交錯した。

それは神さまのいたずらなのか、
神が示す、神が示した、道なのか…。
過去形でなく、現在進行形でもなく、未来形でもないSTORY。
(つづきはおいおいに)

お手紙こないかなと手紙を楽しみに待っている様子の画像
(Photos by photoAC)